#41 2018世界バレー セルビア戦2

悔しいストレート負けでしたね。

力の差があったのはもちろんですが、日本のいいところがあまり出ずに終わってしまいました。

全体を通じて、コンビが合ってなかったかなと思います。

サーブで崩されるシーンも多かったし、逆にサーブをキッチリ返される場面も...

後は攻撃の枚数がセルビアは多かった、、

2試合しかないので、ホント1試合1試合が大事になってきます。

今日は気持ちを切り替えて、イタリアに挑んでほしいです!

FIVBさんより
http://japan2018.fivb.com/en/schedule/9244-japan-serbia/post

日本 – セルビア 0-3
19-25,18-25,23-25

スパイク 32-48
ブロック 5-7
セーブ 3-3
相手ミス 20-17
トータル 60-75

ディグ 34-46
レセプション 24-21

ベストスコアラー
日本 1長岡望悠10点、2古賀紗理那7点
セルビア 18ボシュコビッチ24点、9ミハイロビッチ18点

 

石井優希選手は第1、第2セットスタメン。

スパイク17本中3本決めました。17.6%

第3セットは石井選手の代わりに黒後選手がスタメンでした。

石井選手は数字上には現れませんが、守備の面でも活躍はあったし、

サーブで狙われることも多かった中、得点できたことはよかったです。

とにかく今日ですね!

イタリア戦ガンバレー!!

  --------------------------------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性アスリート応援へ


よろしければSNSでシェアお願いします↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。